箱の可能性

こどもの頃、たからものを一つの箱にしまっておいた記憶はありませんか。
その箱自体が大切なものになっていませんでしたか。

大人になるにつれて、宝箱の大きさも中身も変わっていく。
そしていつからか、中に入っているものにばかり目を向けがちになってしまう。

あまり主役にはならないけど、少し見方を変えて箱にフォーカスしてみましょう。
"箱と手仕事展"をきっかけに、モリタ株式会社の近藤社長から箱のお話を伺い、箱に対する見方が変わりました。 この文章をご覧いただき、箱の持つ面白さに共感してもらえると嬉しいです。

モリタの箱作りの2つの”P”

札幌にモリタという会社があります。
百貨店のギフトボックスから始まり、様々な箱を作ってきました。
食べ物やお洋服、嬉しい贈り物にさらに価値を加えるための箱。
ものの良さをもっと伝えるため、演出のツールとしての役割。
これは 絵と額 の関係性によく似ています。
商品を入れておく”パッケージ”はモリタがつくり続けてきたひとつ目の”P”。

”パッケージ”だけじゃない
“プロダクト”としての箱

そして今では、クリエイターともに、”プロダクト”としての箱をつくります。
これが、ふたつ目の”P”になります。

クリエイター×紙箱 ”HAKOMART”

2012年、カフェのギャラリースペースを会場にして”HAKOMART”という展示会をモリタが開催し、好評を博します。
札幌や北海道にとどまらず、大阪や松山からもクリエーターが参加し、 テーマに沿った作品を展示して紙箱の可能性が広がりを見せます。
これまで企業が相手だった箱づくりが、一般の人にも雑貨という形で販売していく転機でもありました。

”ぺぱこ”

紙箱収納 ”Minimum Space” や、あのチラシでつくる箱をモチーフにした紙雑貨 ”ぺぱこ” などのプロダクトが展開されます。
お土産品や商品箱のような「何かが入っている箱」ではなく、この素敵な箱に「中に何を入れようか」
箱が主役になった瞬間です。

PROFILE